初期投資の少ないオフィス賃貸ブログ:2016/7/21

13-05

よく「真夜中遅く食べると太る」と言われていますが、
それは自律神経に関係しているみたいですね。

そもそも自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、
呼吸器や循環器、消化器などに大きく関わっていますが、
17時に太りやすい理由は、この副交感神経の特徴にあるようです。

まず、主にお昼間に働くのが交感神経です。
交感神経の影響で、
14時はエネルギー消費されやすく、胃の働きや消化が活発になります。

一方、24時は副交感神経が働いて、
腸が栄養を吸収して脂肪として蓄えようとします。

この副交感神経の関係で、
夕食の食べ過ぎや、
食事の後2時間たたないうちに寝てしまったりすると
太りやすくなるんです。

そうはいっても、さまざまな事情で
夕方食が遅くなることもありますよね。

そんなときは夕食前に「間食」をとり、
夕食は野菜中心の低カロリーなものにしてみましょう。

夕方食までの時間が長いと、
我慢することによりドカ食いしてしまう危険性がありますが、
間食をとっておくことで暴飲暴食を防ぐことが出来ます。

間食には高カロリーのおやつではなく、
脂質が少なくて、ウエストが満足しやすいものにしましょう。

おにぎりやをフルーツはじめ、
ヨーグルト・野菜スープ・低カロリーのこんにゃく製品などは、
手軽に食べられて満腹感が得られるのでおすすめです。

賢く間食を利用して、
体にやさしい夕方食を心掛けてみてくださいね。

そして、
ダイエットのためにも、
ご飯は就寝2時間前には済ませるように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る